妊婦が悩む便秘

妊婦さんが便秘に悩むこともよくあります。
その理由は、妊娠で「黄体ホルモン」の分泌が盛んになり、それが腸の働きを鈍くさせてしまうのです。

スポンサードリンク

また子宮がだんだんと大きくなって、腸を圧迫するので、便通を阻害することがあります。

つわりがひどい場合も問題です。
いつも食べられていたものが食べられなくなったり、同じものばかりを欲するようになったり、食生活の乱れが出てそれが便秘に結びつきます。

妊婦さんの運動不足も叫ばれるようになり、最近ではマタニティビクスなども流行るようになりました。
しかし、意識しないでいると身体が重たいせいもあって、普段より運動が不足して、腸の働きも鈍くなります。

しかし妊婦さんが便秘薬を服用するのは、少し危険も伴います。
服用せざるを得ない場合は、必ずお医者さんに確認して、安全な薬を処方してもらってください。
薬局で市販薬を購入する場合も、薬剤師に相談してください。
漢方薬であっても、必ず専門の方にご相談ください。

つわりがあまりひどくなく、何か食べられるようならば、できるだけ食物繊維が豊富なものや、水分を摂るように心掛けてください。
また、軽い散歩なども意識して行ってください。お腹の赤ちゃんもきっと喜びますよ。
散歩は妊婦さんの精神面でもとてもいい効果がありますので、ぜひのんびりと外を散歩してみてください。


気をつけていただきたいのは、切迫早産と診断されている方。
トイレで無理にいきむのは大変危険です。
どうしても苦しくて、早急に便秘を解消したい場合は、お医者さんに相談してください。

便秘を解消することで、妊婦さんの身体だけではなく、赤ちゃんの身体にも好影響があります。
赤ちゃんのことを考えるのならば、この機会に便秘を解消する手段をいろいろと覚えておきましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

生理前の便秘
女性ホルモンのバランスの関係も、便秘になる人に女性が多い原因のひとつです。 排卵......
過敏性腸症候群
便秘だけでなく、便秘と下痢を交互に繰り返す方がいらっしゃいます。 その場合、過敏......
赤ちゃんの便秘
赤ちゃんだって、便秘になります。 しかし赤ちゃんは言葉を発することができませんの......
男性の便秘
男性が便秘になる率は、女性が便秘になる確率よりもかなり少ないと言えます。 なぜな......
高齢者の便秘
高齢者は、寝たきり状態だったり、歩くのが困難で運動不足だったり、また全体的に機能......
便秘と痔
便秘により固くなった便を無理に出そうとするため、痔になってしまう方もいらっしゃい......

▲このページのトップへ