便秘薬は危険がいっぱい

長引く便秘で、どうしても苦しくてたまらない時、ついつい便秘薬に手を伸ばしてしまう方は多いと思います。
そしてすっきりして、忘れた頃にまた再び飲んで、を繰り返すうちに常習してしまった方もいらっしゃるかもしれません。

スポンサードリンク

しかし、便秘薬というのは、使い方を誤ると悪循環を引き起こす薬なのです。
便秘薬は、薬の力で便をやわらかくしたり、腸に蠕動運動をさせたり、便意を起こさせるものです。
薬の力で無理に便を押し出すのであって、自分の力で押し出すのではありません。
すっきりというのは一時的なもので、薬が無いと、便を出すことができなくなるわけです。

しかも常習するうちに、だんだんと身体に耐性がついて、薬の効き目が少なくなってきてしまうのです。
そしてもっと強い薬を、もっと、となって、ついにはどんな薬も効かなくなってしまうのです。

また、善玉菌を殺してしまうので、さらに便が出ない体質へと変えて行ってしまうのです。

一時の手助けとして服用するのはいいですが、常習するのは避けましょう。

特にこんな方は注意してください。

妊娠中・授乳中
どの薬を飲んでも全く効かない
便秘と下痢を繰り返している方(過敏性腸症候群)
真っ黒な便、赤い便、白い便などが出る方

悪い病気が潜んでいる場合もあります。
一度お医者さんにかかってみてください。

便秘薬は最終手段とわきまえ、それ以外の解決法で便秘を解消する努力をしてください。
安易に便秘薬に手を伸ばすことだけは、絶対に避けてください。
食事、運動、生活習慣などが改善しない限り、便秘は解消されないでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

腸内洗浄とは?
腸内洗浄(デトックス)とは、腸を掃除して、綺麗にすることで、ハイドロコロンセラピ......
プチ断食をしよう
最近、便秘を解消するために、「プチ断食」というものをする人が増えているそうです。......
浣腸の正しい使い方
浣腸とは、浣腸液を腸に直接注入することです。 腸の蠕動を促進し、便を軟らかくして......
漢方薬で体質改善
便秘解消に漢方薬を利用する方もいらっしゃいます。 漢方薬を服用する場合、何に気を......

▲このページのトップへ