赤ちゃんの便秘

赤ちゃんだって、便秘になります。
しかし赤ちゃんは言葉を発することができませんので、伝えようとしても、ただ泣いたりぐずったりするだけです。

スポンサードリンク

親になったあなたが、理解してあげなければ、赤ちゃんは辛いままです。
毎日ちゃんと観察して、不快症状を取り除いてあげましょう。

母乳をあげた場合と、ミルクをあげた場合では、母乳をあげた場合の方が排便回数は多くなります。
排便回数は赤ちゃんによって異なるので、何日間出ていないから、と慌てることはありません。
ただ、理由なく不機嫌だったりウンチをする時嫌がったりするようなそぶりがみられないか注意しましょう。

おう吐や、食欲不振が見られた場合、迷わずお医者さんに連れていきましょう。

赤ちゃんの便秘を解消する手段は、自律神経の働きを整えてあげることです。
大人と同じく、自律神経というのは大事な働きを持っていて、それは、規則正しい生活によって維持されます。

生後3か月か4か月ぐらいになったら、決まった時間に起床させ、授乳やミルクの時間を一定に保ちましょう。
散歩の時間も設けることで、腸の運動も促進します。
そして離乳食が始まったら、栄養バランスを考えて与えましょう。

就寝時間も一定にし、たっぷりと良い睡眠をとれるようにしてあげましょう。
お父さんが遅く帰ってきて、起こしたがったとしても、ちゃんと睡眠がキープできるようにしてあげなければなりません。
お父さんには朝一番に赤ちゃんとコンタクトを取るようにしてもらいましょう。

赤ちゃんは言葉を発することができないので、大人が気をつけてあげなければならないのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

生理前の便秘
女性ホルモンのバランスの関係も、便秘になる人に女性が多い原因のひとつです。 排卵......
妊婦が悩む便秘
妊婦さんが便秘に悩むこともよくあります。 その理由は、妊娠で「黄体ホルモン」の分......
過敏性腸症候群
便秘だけでなく、便秘と下痢を交互に繰り返す方がいらっしゃいます。 その場合、過敏......
男性の便秘
男性が便秘になる率は、女性が便秘になる確率よりもかなり少ないと言えます。 なぜな......
高齢者の便秘
高齢者は、寝たきり状態だったり、歩くのが困難で運動不足だったり、また全体的に機能......
便秘と痔
便秘により固くなった便を無理に出そうとするため、痔になってしまう方もいらっしゃい......

▲このページのトップへ