男性の便秘

男性が便秘になる率は、女性が便秘になる確率よりもかなり少ないと言えます。
なぜなら、男性はどちらかというと腸が弱い人が多いので、下痢になる場合のほうが多くみられるからです。

スポンサードリンク

ただ、最近では「痙攣性便秘」になる方がまれにみられます。
仕事のストレスが重なり、また、長時間労働で睡眠不足になる時などに起こります。

もしも、ストレスから来る「痙攣性便秘」である場合、便秘薬に頼るのはやめましょう。
一般的な便秘薬は、「弛緩性便秘」に対するものがほとんどです。

「痙攣性便秘」の場合、腸の働きが活発になりすぎて起こっているのです。
一般的な便秘薬は腸の働きを活発にさせようとするものです。
なので、服用した場合さらに症状が重くなる場合があります。

悩みなどがある場合、女性は友人などに話して解決する場合が多いですが、男性は誰にも話さずため込みがちです。
悩みを話すことは悪いことではありません。負けたわけでもありません。
悩みを誰かと共有することで、ご自分の負担を軽くしましょう。

また、便秘、下痢同様、良い腸の状態を維持するについては、以下のことに気をつけましょう。

暴飲暴食を避ける
コンビニ弁当に頼りすぎない
たばこの吸いすぎをやめる
偏食をしない
アルコールを摂りすぎない
車で移動するだけではなく、運動の時間を取る

男性の場合、腸を冷やすのはよくないので、バナナやヨーグルトなどよりも、しょうがや、温かい飲み物をとったりしたほうがいいかと思われます。
また、コンビニ弁当に頼らざるを得ない場合は、プラスアルファーで海藻類の入ったサラダ等を購入するようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

生理前の便秘
女性ホルモンのバランスの関係も、便秘になる人に女性が多い原因のひとつです。 排卵......
妊婦が悩む便秘
妊婦さんが便秘に悩むこともよくあります。 その理由は、妊娠で「黄体ホルモン」の分......
過敏性腸症候群
便秘だけでなく、便秘と下痢を交互に繰り返す方がいらっしゃいます。 その場合、過敏......
赤ちゃんの便秘
赤ちゃんだって、便秘になります。 しかし赤ちゃんは言葉を発することができませんの......
高齢者の便秘
高齢者は、寝たきり状態だったり、歩くのが困難で運動不足だったり、また全体的に機能......
便秘と痔
便秘により固くなった便を無理に出そうとするため、痔になってしまう方もいらっしゃい......

▲このページのトップへ